• ホーム
  • >
  • あなたに合ったボランティア活動のスタイルは!?

あなたに合ったボランティア活動のスタイルは!?

団体に加入して一緒に活動

この冊子に、活動してみたい団体があったら、その団体に加入して活動してみましょう。一人で始めるには、ちょっと不安がある方におススメです。

個人で活動する

団体のルールや時間に縛られることなく、自分の好きな事を、好きな時間に活動したい方におススメです。

募集されている活動に参加してみる。(とりあえず登録) インターネットや広報誌、ボランティアセンターのメール配信サービスなどで情報収集し、自分が興味関心のある活動の募集に参加してみる。(待つ姿勢が必要になります)
まずは、ボランティアセンターに問い合わせて募集があるかご確認下さい。
趣味や技術・特技を活かした活動 特技や技術を持った方は、その特技や技術を活かしてボランティア活動!というスタイルがおススメ。目的がはっきりしているため、スムーズに活動に入れます。
但し、依頼があるか、無いかは,あなたの努力次第です。

 

『依頼、活動が増えるために!』の画像

 

1.待っているだけでは活動は始まらない。
 自分で訪れたり、(宣伝、あいさつ)出向くなど、「切り開く」ことも必要です。
2.活動内容を記した、チラシや写真があるとより依頼を受けやすくなります。
3.社協のホームページや広報誌に,活動を掲載してもらう。

同じ志をもつ仲間を集め、グループを作って活動

自分でグループを立ち上げて活動する。自分と同じ気持ちを持った人達で活動出来る。

活動を始める前に、必要な知識や技術を学ぶ

ボランティアを始める前に、心構えや技術などの講座を学ぶこともボランティアの第1歩です。安心して活動に取り組めます。

※団体、個人両方で活動する事も可能です。

迷ったときは、ここからスタート

稲敷市社会福祉協議会では、ボランティアや市民の協力により、次のような事業を行っています。

ふれあい電話事業
(団体加入が必要)
独居高齢者安否確認を目的に、対象者1人に対して、月2回の電話訪問
給食サービス事業
(団体加入が必要)
70歳以上の独居高齢者に対して、月1回のお弁当の調理と配達
福祉出前教室
(団体加入が必要)
点字、手話、車いす介助、ガイドウォークなど、小学生を対象に、出張体験教室を実施
在宅福祉サービス
(協力会員個人登録制)
有償・会員制の市民助け合いサービス定期的な生活援助活動が主になります。

災害ボランティアに興味関心がある方へ

がんばれ日本!災害ボランティアに興味関心がある方は、被災地の社会福祉協議会のホームページや、全社協 被災地支援・災害ボランティア情報などで、状況を確認してから、災害ボランティアとして、被災地を訪れて下さい。
被災者を支援する為に、参加したのですから、被災地に迷惑を掛けない心掛けが必要です。